絶対に痩せるダイエットブログ

スポンサードリンク

脂肪細胞の種類について

体につく余分なものとして嫌われがちなのが脂肪です。
脂肪は、ぜい肉のイメージがあり、少しでも減らしたいと多くの人が思っています。

脂肪は私たちが普段摂る食事から栄養素として吸収され、体内で合成、分解、蓄積されます。

皮下脂肪になって体内に蓄積されるのは、様々な脂肪の中でも最後の部分といえます。
皮下脂肪は、色々な理由で用いられたカロリーが残ってしまった時に作られるものなのです。


脂肪は顕微鏡で見ると、脂肪細胞が集まっている状態で、実はその性質によって種類が2つあります。

  • 栄養を溜め込むための脂肪細胞が、白色脂肪細胞という種類の細胞となります。

  • ミトコンドリアを多く含む脂肪細胞が、褐色脂肪細胞という細胞の種類になります。


  • この脂肪細胞はともに、似たような成分でできていますが、成分の構成要素はそれぞれ異なり、そのために体への影響が変わってきます。

    脂肪が増加し、体重が多くなってしまう時は白色脂肪細胞が関わっています。
    白色脂肪細胞は油分を主として含んでいるため、体重を左右するのです。

    褐色脂肪細胞は油滴よりミトコンドリアの存在の方が大きな役割を果たす細胞なので、白色脂肪細胞のような体重との関わりにはなりません。

    白色脂肪細胞は成人してからも増減しますが、褐色脂肪細胞は成長が止まるとごく一部分しか作用しなくなりますので、体重を減らす時に重要な細胞は白色脂肪細胞ということなのです。



    スポンサードリンク
    posted by yuki at 01:15 | Comment(0) | 脂肪細胞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    1ヶ月ダイエットに役立つ運動方法

    1ヶ月のダイエットを始めるにあたって、できるだけ食事の量を減らさずに行いたい人におすすめのダイエット方法は、運動によるものです。

    やっぱりかぁって思いました?

    健康のことを考えるべきなんです。
    やっては行けないのは、摂取カロリーを減らして痩せる方法です。

    摂取カロリーはそのままで消費カロリーを増やして痩せるダイエットの方が、体力や筋肉も増加し健康的と思いませんか。

    運動をする時間がなかなか作れない人も多いでしょうが、1ヶ月だけでも頑張ってみましょうよ。

    別に時間をとらないでも出来ないこともないですよ。
    ダイエット効果は、乗り物を使わず徒歩移動を生活の中心にしたり、歩く時のスピードを早めたり、こまめに家事をするなどして体を動かす機会を作るだけでも実感できると思いますね。

    ただし、厚手の服やサウナスーツを着て行うジョギングやウォーキングは、ダイエットに本格的に取り組むという場合です。

    1ヶ月ずっと続けることができれば、自然に体型にも変化がみられるでしょう。
    もちろん良い方向にですよ。

    なわとび運動、筋トレエクササイズ、踏み台昇降運動などによるダイエットは、1ヶ月でできるダイエット運動としてはよく耳にします。
    ダイエットに成功する為に重要なことは、無理なくダイエットを続けられるものを選び、毎日実践することです。

    いきなり運動慣れしていない人が、体力的にきつい運動を行うと膝や腰を痛めてしまうことも多々あります。負担の少ない自分の体に適したダイエット方法を、体の調子を伺いながら、見つけるようにしましょう。
    1ヶ月ダイエットで痩せるには、短期間に集中して行うことのできるダイエット方法を選択することが重要です。



    スポンサードリンク
    posted by yuki at 01:42 | Comment(0) | ダイエット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    1ヶ月ダイエットの食事と水分

    短い1ヶ月という期間でダイエット効果を得るために欠かせないのが、食事の見直しです。

    生きていくために朝昼晩と3度の食事を摂取するということは、カロリーのことも関係する食事は体重に大きな影響を与えます。

    朝食を果物と水だけにするというフルーツダイエットや、間脂肪燃焼スープを飲み続けるダイエットで1ヶ月ダイエットをする方法もそうです。

    他にも炭水化物抜きダイエットや、みかんを利用した寒天ダイエットなどがあります。

    体重を1ヶ月で減らすためのダイエット方法には、このようにさまざまなタイプのダイエット方法がありますが、調理に一手間かけてちょっと工夫したり、少し食事の材料を変えるだけでカロリーカットを目指すという方法でも結構やせた人も多いようです。

    タニタ的レシピの本が話題になったのは記憶にあたらしいですね。

    簡単に誰でもできる、マヨネーズの代わりにヨーグルトドレッシングを使ったり、シチューを作る時に牛乳ではなく豆乳を使ったりといった工夫をするダイエット方法ですね。

    1ヶ月という短期間の食事制限によるダイエットですが、リバウンドの危険性を取り払うようにしないと無意味になってしまいます。

    ダイエット終了後はどのような食事にするかも考えながら取り組むことが必要でしょう。

    一ヶ月といえども、食事制限を行っている間は水分を多めに意識して摂取するようにしたほうが良いでしょう。
    食事を減らしたことで、普段は食事から摂取できている水分でも、摂取するチャンスが少なくなってしまいます。

    実は1ヶ月という短期ダイエットをしている人に多いのが、便秘になりやすいということです。これも水分不足が関係しているのが原因と考えられますので、水分を積極的に補給しながら一ヶ月ダイエットに取り組みましょう。



    スポンサードリンク
    posted by yuki at 00:54 | Comment(0) | 1ヶ月ダイエット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
    日本ゴールドディスク大賞
    ×

    この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。