絶対に痩せるダイエットブログ

スポンサードリンク

ダイエットと空腹感

ダイエットをする時に感じますが、「お腹がすいたときに食べ物を我慢することができるだろうか?」という思いがありませんか?

確かに、別に食べたら何らかの罰則がある訳でもなく、叱られるという訳ではありません。


だから、「食べない」、「食べないではなく、減らす」という意思を持ち続けることが難しいと感じるのです。


空腹というものにはダイエットをする時の最大の敵なのかもしれません。

お腹がすいたときに、ちょうど何かの作業をしていたり、仕事で食事の時間がとれなかったという経験はありませんか?

そして作業や仕事もひと段落をして、さあ何か食べようとした時にはあの空腹感が収まっている…

こんな経験をした人って、結構いると思われます。

空腹というのは、ほかに集中して行わなければならないことがあったりすると、忘れてしまうものなんです。

空腹感というのはそれを意識すればするほど、つらいものになりますが、ちょっと意識をずらすことによって、意外と簡単に克服できたりするものなんですね。

空腹感を感じたら、何でもいいです、自分の興味のあることに集中してみましょう。

ネットゲームをやるのもより、メールをするのもよし、友達と話をするでもいいでしょう。

他のことに集中をしていると空腹感はどこかに飛んで行くはずです。

出来ることなら、手を動かすことをしていると、お菓子の袋に手が伸びるということを避けられるからなおいいかもしれません。

しかもいったんなくなった空腹感はなかなか再登場はしてきません。
おそらく数時間は、空腹感を感じることはないのではないでしょうか?

空腹感を忘れるのに、それほど時間はかかりません。
せいぜい3分とか5分といったところではないでしょうか?

友達とケータイでしゃべっていたら、このくらいの時間はあっという間ではありませんか?

最大の敵とみられていた空腹感も、意外と簡単にやっつけてしまうことができるのです。


スポンサードリンク
タグ:ダイエット
posted by yuki at 23:13 | Comment(0) | ダイエット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

メタボ

メタボリックシンドロームって最近よく聞きますね?

メタボはいわゆる生活習慣病からくる場合が多いようです。

日本でもメタボ検診がスタートしていますが、メタボの基準としてウェストの太さが基準となっています。

男性だと85cm、女性は90cm以上ウェストがある人はメタボの疑いが強いといわれています。

ですから、太っているということは美的にも問題ですが、
健康を損なう可能性もあるわけですね。

「メタボ」「肥満」「生活習慣」
以上の3つの言葉がつながりました。

ですからダイエットは、自分の生活習慣を見直すという意味合いもあるのです。

ダイエットに成功するためには、どのダイエット法を選ぶかももちろん重要です。

でも自分の生活習慣を反省することが大切です。

自分の日々の生活の中に「これをやっていたら太るなあ」ということはありませんか?

おやつをはじめとして間食を取る癖がありませんか?

お腹いっぱいでも余計に食べたりしませんか?

いやなことがあると、やけ食いをしたりしませんか?

このような自分の生活習慣を見直してみると改善ポイントは意外と出てくるものです。

ダイエットというと、激しい運動とか、厳しい食事制限というイメージがあったりします。

でも生活習慣を見直してみることについては、簡単に改善することができますよね?

いくら仕事が忙しい人でも、自分の生活習慣を見直すことぐらいはできるはずです。

このように、ダイエットというのはまず自分の足元を見ることから始めるものです。

高いハードルを設定する必要は全くありません。

自分の足元を見ることによって、手をつけやすいところからダイエットを手掛けることができるようになるからです。

スポンサードリンク
posted by yuki at 11:42 | Comment(0) | ダイエット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

出来る運動から

ダイエットをしたい痩せたい人は、やはり運動を定期的に行う努力をしたほうがいいですよ。

「忙しくて、運動をする時間をとれない」
「運動したことがないから、何から手をつけていいかわからない」
といった意見をよく聞きます。

しかし別にスポーツジムへ行ってトレーニングしなくてもいいのです。
お金を払ってスポーツジムに行けば、いやでも運動すると思ってはじめても、最初はこまめに行ってもその内に義務のように思ってしまい、だんだん遠のいてしまうのがオチです。

普段からできることをやっているだけでも、十分に運動の効果があるのです。

激しい運動を時々しかしないのと比べると、比較的楽な運動を短時間でもいいから継続して行うことのほうが、ダイエットには効果があります。

たとえば、姿勢を矯正するだけでも結構筋肉を使ったりするのですよ。
歩いているときや座っているとき、どうしても猫背になってしまうことはありま
せんか?

猫背というのは見た目の印象も決してよくありませんし、筋肉の使い方から見て
も決して効率的な姿勢とはいえません。

そこで、猫背を矯正するの巻
こちらのサイトを参照してみてください。

腹筋や背筋を効率的に使うことができるようになり、胸の張ったいい姿勢になります。
筋肉を刺激することによって、カロリー消費を促すことができるのですよ。
ストレッチをすることによりダイエット効果も得られるわけです。

姿勢を正すということは決して難しい問題ではありません。
どんなに運動音痴の人でも日々気にすることで効果を得ることができます。

たとえば両腕を体の側面よりやや後ろまで持っていきます。

1.腕を下ろし肩甲骨(けんこうこつ)を絞るイメージでグッと両肩を開きます

2.ゆっくり10秒数える

3.今度は腕を上に持っていきます

4.ゆっくり10秒数える

5.1〜4を繰り返します

これだけでメッチャ胸が張ります。気持ちいいです。

忙しい人でも歩いたり座ったりする時間がないといういいわけをすることはできませんね?

このように、どのようなシチュエーションであってもできるような運動をしましょう。

身体を動かす習慣をつけることが大事です。

身体が軽くなることを実感できると、さらにほかの運動を、という風に思ったりしませんか。

すると、ほかのエクササイズにチャレンジをしてみる余裕ができてきます。
このように徐々に運動の強度を上げていくのが理想です。

スポンサードリンク
posted by yuki at 23:29 | Comment(0) | ダイエット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
日本ゴールドディスク大賞
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。