絶対に痩せるダイエットブログ

スポンサードリンク

脂肪細胞の種類について

体につく余分なものとして嫌われがちなのが脂肪です。
脂肪は、ぜい肉のイメージがあり、少しでも減らしたいと多くの人が思っています。

脂肪は私たちが普段摂る食事から栄養素として吸収され、体内で合成、分解、蓄積されます。

皮下脂肪になって体内に蓄積されるのは、様々な脂肪の中でも最後の部分といえます。
皮下脂肪は、色々な理由で用いられたカロリーが残ってしまった時に作られるものなのです。


脂肪は顕微鏡で見ると、脂肪細胞が集まっている状態で、実はその性質によって種類が2つあります。

  • 栄養を溜め込むための脂肪細胞が、白色脂肪細胞という種類の細胞となります。

  • ミトコンドリアを多く含む脂肪細胞が、褐色脂肪細胞という細胞の種類になります。


  • この脂肪細胞はともに、似たような成分でできていますが、成分の構成要素はそれぞれ異なり、そのために体への影響が変わってきます。

    脂肪が増加し、体重が多くなってしまう時は白色脂肪細胞が関わっています。
    白色脂肪細胞は油分を主として含んでいるため、体重を左右するのです。

    褐色脂肪細胞は油滴よりミトコンドリアの存在の方が大きな役割を果たす細胞なので、白色脂肪細胞のような体重との関わりにはなりません。

    白色脂肪細胞は成人してからも増減しますが、褐色脂肪細胞は成長が止まるとごく一部分しか作用しなくなりますので、体重を減らす時に重要な細胞は白色脂肪細胞ということなのです。



    スポンサードリンク
    posted by yuki at 01:15 | Comment(0) | 脂肪細胞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
    日本ゴールドディスク大賞
    ×

    この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。